映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の感想。漫画の世界観がよく描写されていた

ワニ銀進撃の巨人アタックオンタイタン感想

昨日、映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」を観に行きました。

僕は漫画を読んでいたので、「巨人がどのように表現されるのだろう?」と思っていましたが、巨人の恐怖がしっかりと表現されていて、とても良かったと思いました。

巨人が壁の内部に入ってくるところは気味が悪いほど恐怖

超大型巨人のキックにより、壁に穴が開いて、そこからたくさんの巨人が侵入してくるのですが、巨人の気持ちの悪さはなかなかのものでした。

なんというか、モロ人間を大きくした感じで、よだれやら、目の離れ具合やらで気味悪さがアップ!

サシャは食ってばっかだった

サシャの食いしん坊キャラは漫画そのものでした。

イモばっか食ってました。

あと、ちょっと抜けているところもそのまんま。

シキシマがかなりナルシストだった

シキシマとミカサのりんごを食べ合うシーンが「なんじゃこりゃ!?」と思いました。

そして、ミカサを取られたエレンがショックのあまり発狂するのも、「まじかw」と思いました。

音楽のチョイスがゴジラだった

巨人に襲われるところや、エレンが巨人になってから暴れるシーンの音楽はゴジラ感満載でした。

やはりこの辺りは監督の個性が出ますね。

まとめと第2弾について

巨人の世界観は本当によく表現されていて、「この世界こえ~」と驚愕しました。

ただ、98分の上映はちょっと短く感じました。

そして、もっとみんなが立体起動装置を使って戦うシーンが見たかったです。

第2弾の予告では、鎧の巨人や超大型巨人とガッツリ戦いそうなので、かなり迫力があると思います。

この第1弾は序章に過ぎませんね。

次は9月19日に上映なので、また観に行きたいと思います。

それにしても、スターウォーズが楽しみ!

Sponsored Link

フォローする