新宿にある超濃密ラーメン「二丁目つけめんGACHI(ガチ)」でSio DXを食べた感想。すべてがヤバ過ぎた!

ワニ銀二丁目ガチつけ麺デラックス塩1

数日前、プレゼントを買いに新宿に行ったのですが、そのついでにうまいラーメン屋にでも行こうとネットサーフィン。

すると、リトリップというキュレーションメディアで超アメリカン&豪快な「二丁目つけめん GACHI(ガチ)」を見つけました。

新宿駅からは少し離れているのですが、「これは行ってみなければ!」と思い、猪突猛進してきたのでその感想をここに記します。

ラーメンにフライドチキンを載せた最強ガチなラーメン屋

ワニ銀二丁目ガチつけ麺ホームページ画像

僕がこのラーメン屋をチョイスした理由は、めちゃめちゃ腹が減っていたからです。

午前中から地元近くのヴィクトリア、イトーヨーカドー、石井スポーツ、高島屋、伊勢丹、ビレバン、ビックカメラ、グランデュオを巡り巡ってずっとプレゼント探しに明け暮れ、それでも求める品はありませんでした。

そこで、急きょプレゼント捜索フィールドを新宿に移そうと決意。

ただ、プレゼント探しのためだけに新宿に行くのももったいないと感じたので、お昼ご飯もかねてラーメン屋に行くことにしました。

…新宿に着いたのは午後4時…

「ぬうぅぅぅあっ!腹減りまくりまくりー!この大食いの僕の腹を満足させられるラーメン屋はどこじゃい!」

ずっとチャリを漕いで様々なお店を回っていたので、かなりのカロリーを消費していました。

そして、そんな時に見つけたのがラーメンの上にフライドチキンが乗っているラーメン屋「二丁目つけめん GACHI(ガチ)」

ガチで腹が減っている僕にピッタリのお店だと確信しました。

初めての二丁目の街はオネェ向けのお店(上半身裸のマッチョな男性の看板など)があったりで「ほほぉ~、そういう感じね♪」と納得。

といってもこのラーメン屋の外観は二丁目な感じとかではなく、アメリカンなイメージ。てかアメリカン。

そして、お店は入りやすく、雰囲気は◎!

なぜお店が入りやすいかというと、店員の方とお客さんの目線の高さが違うからなんです。

このラーメン屋は食券を最初に買うタイプですが、これを買ってからちょっとした階段を登ってテーブル席へ。

すると、厨房を軽く見下ろせるスタイルなことに気付きます。

そのため、カウンター席に着いたとしてもリラックスできますし、ラーメンは若干下から出してくれるので威圧感が全くありません。

1人で食べに行ってもリラックスしながら時間をかけて食べられました。

Sio DX(990円)の大盛りを注文

ワニ銀二丁目ガチつけ麺デラックス塩1

スープの味は「塩」と「テリヤキ」と「レッドホットチリ」を選べるのですが、「テリヤキ」は未知過ぎてチャレンジするのが怖かったので、「塩」を頼むことに。

つけめんの場合は同じ料金のままで、並(200g)・中(250g)・大(300g)を選択することが可能です。

もちろん僕は大を注文。

出てきた時は最高にテンションが高まりました。

ラーメンとフライドチキンが同時に食べられるなんて、こんな夢のような体験がこの世で出来るとは思ってもみなかったからです。

沼のようなSioスープ

ワニ銀二丁目ガチつけ麺デラックス塩2

スープは塩だったので、いくら濃厚という噂を聞いていたからといって、たかが知れていて、さっぱり系なのかと思っていました。

しかし、このスープを見た時は度肝を抜かれました。

塩なのに…、ドロッドロのドロリンチョ!

続いて麺のほうを見てみましょう。

一瞬、何を頼んだのか記憶が飛ぶほどの盛り具合

ワニ銀二丁目ガチつけ麺デラックス塩3

んなんじゃこりゃー!

これぞ、アメリカンパラダイスです。

惜しみない量のフライドチキンに、卵が1個分!

そして、レモンの隣にある、なんかよく分からない揚げてあるナゲーヤツ!(これはのちに、フライドメンマであることを知る。最初食べた時はごぼうかと思っていた)

店員さん:「レモンは、麺のほうにおかけください」

とのこと。

一口目のフライドチキンが超美味!

一口、フライドチキンをそのままかじりましたよ。

そしたら、スパイシーで空腹の僕のお腹を満足させていきます。

このフライドチキンでご飯が食べたくなりました。

続いて、ラーメンを食べてみることに。

すると、Sioスープだというのに確実に麺に絡みつき、ぶっとい麺と相まってガッツリどっしり!

なんと、このスープの中にも鶏肉が入っていたのです。

こんなに男を刺激するラーメンは初めてです。

さすが二丁目のラーメン屋!

中盤戦:レモン風味のさっぱり感がOh!Yeah!

途中から味を変えたいと思い、トッピングされていたレモンを麺にかけてみることに。

するとフルーティでさっぱりした感じが濃厚さを和らげてくれて、さらに食が進みます。

レモン効果は最高だと感じました。

後半戦:ポタージュスープ&アブラギッシュとの熾烈な戦い勃発

ここのラーメンはとてもおいしいです。

僕が頼んだつけめん以外にもおいしそうなラーメンがあったので、また次も行きたいと思いました。

ただ、見た目通り揚げ物が多く、とてもアブラギッシュです。

そして、スープを味わいながらよく考えてみると、この塩スープは塩というより、ポタージュに近いことが分かりました。

完食は出来ましたが、最後は濃厚さとの戦いでした。

ごちそうさまをした後は、沼や排水溝に絡みついた髪の毛のようなドロドロしたものを想像すると「ウップ!」しそうでした。

今度行く時は大盛りではなく、中盛りにしようと思いました。

お気に入りのラーメン屋になった

こんなにインパクト大なラーメン屋は久しぶりでした。

とても特徴的で、みんなにおすすめです。

もし、超腹が減っていてガチで食事をしたいと思ったら、「二丁目つけめん GACHI(ガチ)」に行ってみてください。

一人で来ている人はたくさんいましたし、カップルも2組いました。友達同士でも来てました。

駅から若干離れているので、穴場ですよ!

ワニ銀二丁目ガチつけ麺名刺1

ワニ銀二丁目ガチつけ麺名刺2

こうして腹ごしらえを終え、プレゼント探しを再スタートするのでした。

↓新宿の歩行者天国の写真

ワニ銀新宿歩行者天国

(無事、ビックロ最上階の石井スポーツで良さげなプレゼント見つかったよ!)

Sponsored Link

フォローする