映画「マッドマックス怒りのデスロード」の感想。異常者多数!ヤバい世界のマリカーだった

ワニ銀映画感想マッドマックス怒りのデスロード

少し前に映画「マッドマックス 怒りのデスロード」が話題になっていました。

ですが、その時は全く興味がなかったんですよね。

なぜなら、僕はグロイ系が大の苦手だからです。

ホラー映画とか、ゾンビ系とか、ターミネーターとか苦手です。

しかし、ゲオに訪れてみるとこの映画のDVDが目に入りました。

そんでちょっぴり興味が湧いてしまいました。

「あ、これ世間を騒がせてたヤツやん…」って。

なのでとりあえず借りて観てみました。

以下感想。

ヤッベー奴らがマリオカートしとるやん…

ワニ銀映画DVDレンタルマッドマックス怒りのデスロード感想

マッドマックスってよく分からないんですが、核兵器で地球がボロボロになった後の世界の話なんですよね?

世界は枯れ果てていて、水も食料もガソリンも乏しい。

そんな中で、とある地域で独裁支配をしている不気味なマスクおやじが、自分の子供を大量に増やしながら大きな戦力を構築していました。

しかし、ヒドイ扱いを受けていた子産みの女性たちは、隊長(女性)の助けのもと逃亡を開始。それを追うマスクおやじ。

そこに、血液を搾取されるためだけに監禁され、まるで物のような扱いを受ける主人公マックスが加わり、ヤバいデスレースが始まります。

野蛮人と異常者が多数出てくる映画だった

緑豊かな町に向かってひたすら逃げる隊長と女性たちと主人公マックス。それを追う恐ろしいマスクおやじ軍団。

何が野蛮かって、とにかくワイルド過ぎるんです。

レースを楽しむかのように盛り上がりながら暴走してるし、車がゴツいし、炎吹くギターを持ったテンションアゲアゲ担当いるし…

「命をかけた死のカーレースがーっ、始まるぜっ、ヒェー!」

てな感じです。

うん、ただのブッ飛びマリオカートでした。

結局、緑の地は跡形もなく…

マックスと女性たちが向かっていた「緑の地」は、すでに汚染されてなくなっていました。

それに絶望する隊長。

いったいどこに逃げれば…

その時マックスは、独裁支配地域に戻る案を提示。

追いかけてくるマスクおやじ軍団よりも先に戻って、乗っ取る作戦を決行します。

またまた死のレースがスタート。

さらに激しい戦いが行われました。

独裁マスクおやじを倒し、新たな未来へ歩み出した人々

戦いに勝ったマックスたちは支配地域に戻り、隊長が王の地位に就きましたね。

めでたしめでたし

刺激が欲しい人におすすめの映画

僕はグロイ系が苦手ですが、この映画はそこまででもありませんでした。

面白いかどうかは…、まぁ野蛮な映画なので刺激が欲しい人にはおすすめです。

生きるためにとにかく逃げて逃げて戦って逃げるイカれた映画です。

Sponsored Link

フォローする