映画「ズートピア」を見た感想。目まぐるしくシーンが変わる楽しい王道映画だった!

ワニ銀ディズニー映画ズートピア

この前、久しぶりに映画館へ行って映画を見に行きました。

見たのはディズニーの「ズートピア」

ズートピアは海外でも国内でも評判が高いので、僕も自然と見たいと思ってしまったのです。

今回は見た感想を書きます。

ズートピアとは?

ワニ銀ディズニー映画ズートピアポスター

肉食動物、草食動物関係なく動物たちが仲良く暮らす町で、主人公のちっちゃなメスウサギが警官になって大活躍する映画です。

あと、上のポスターのウサちゃんが持っているカバン中央に隠れミッキーがいます。

ズートピアは退屈皆無の笑いと涙を届ける王道映画だった

ズートピアは、インサイド・ヘッドのようにユーモアをふんだんに取り入れている映画でした。

シーンごとに笑える要素をちりばめていて、とにかく退屈しません。

特に免許更新のナマケモノと闇の帝王チビネズミが笑えました。

あと、今回のディズニー映画はウサギちゃんが大活躍するというもの。

努力して警官になったウサギが、配属先で粗末な扱いを受けるも、逆境を乗り越えてみんなに信頼されるようになるのです。

ただ、1人の力だけでは無理で、ここでは訳あり詐欺キツネ君がウサちゃんの大きな力となります。

まさに王道!

王道でも楽しく見れるんだから、さすがディズニーだなと思いました。

大小さまざまな動物たちが一緒に暮らしているからいいよね~

デカすぎるホッキョクグマ・キリン・ゾウから、小さなウサギ・ネズミ・カワウソまで、大小さまざまな動物たちが同じ町を歩いています。

この光景は面白いです。

「よく小さい動物は踏みつぶされないな~」と感心します。

肉食動物は何を食べているんだろう?

この“ズートピア”という楽園には、肉食動物が全体の1割いるそうです。

そこで疑問に思ったのですが、肉食動物たちは普段何を食べているんでしょう?

警官の受付をしているヒョウは常にドーナッツを食べていましたが、まさかお菓子ばっか食べて生きているなんてことはないでしょうし。

そこは触れない方向かな?

家族で、デートで、元気をもらいたい時にいいね!

ズートピアは話が分かりやすく、面白いですから、家族で見に行ったり、デートにもピッタリです。

あとは、最近元気がなくて「なんかソフトに楽しい気分になりたいな~」という人にも向いています。

最後まで読めない展開が面白い「ズートピア」、みんなで見に行こう!へーい!

あと「ファインディング・ドリー」が楽しみ♪

Sponsored Link

フォローする