映画「バクマン。」を観た感想。漫画・アニメのほうが5万倍面白いことが分かった

%e3%83%af%e3%83%8b%e9%8a%80%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%83%90%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%80%82%e3%81%ae%e6%84%9f%e6%83%b3

前にアニメの「バクマン。」は見たことがあって、非常に面白かったので、今回実写版の映画「バクマン。」を観ることにしました。

途中は面白かったんですが、終盤がとっても微妙でした。

仕方ないですよね。

映画だと約2時間でストーリーを収めなくちゃいけないんですから。

「バクマン。」とは?

%e3%83%af%e3%83%8b%e9%8a%80%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%83%90%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%80%82%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

2人の学生が頑張って漫画家を目指す映画です。

やっぱ主役の2人は逆でしょう?

サイコーとシュージンの配役は、逆にしたほうがいいと思いました。

背の高さが逆なので、とっても違和感がありました。

途中はワクワク感があった

アニメが面白いですから、期待感もあって途中は楽しめました。

映画は漫画の一部分を切り取った感じ

映画はたった2時間ですから、どこかを大幅に短縮しなければ、収め切ることは出来ません。

とはいっても、映画は漫画のストーリーの中でも前半部分を切り取って物語にしています。

だから映画の最後は「これからもっと頑張っていくぞぃ!」てな感じで終わります。

終盤の叫ぶ場面のBGMに絶句

「バクマン。」と言えば、主人公の2人が興奮して叫ぶ場面が印象的ですが、映画のはね~、実写になると途端に叫ぶ行為がわざとらしく見えました。

あと、終盤で叫ぶ場面でも、BGMがなぜか癒し系で、「なんじゃこりゃ?」と絶句しました。

全体的にざんねーんっ!

Sponsored Link

フォローする