映画「シン・ゴジラ」を観た感想。日本と世界と核(原子力)の、メッセージ性の強い大人向けストーリー

%e3%83%af%e3%83%8b%e9%8a%80%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9%e3%81%ae%e6%84%9f%e6%83%b3

この前、シン・ゴジラが大ヒットしていたのと、友人がめちゃめちゃオススメしていたので、映画館に観に行きました。

「シン・ゴジラ」とは?

%e3%83%af%e3%83%8b%e9%8a%80%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

日本由来の怪獣が物理攻撃や光線を駆使して街を破壊するストーリーです。

シン・ゴジラは意外と良かった

僕はもともとゴジラに興味がなく、これまで一度も真面目に見たことはありませんでした。

が、そんな僕でも今回の「シン・ゴジラ」は楽しめました。

謎の怪獣ゴジラに魅了された

まず、ゴジラ自体が謎の怪獣であり、「いったいどうやって発生したのか?」「何が目的なのか?」「日本はどうなってしまうのか?」などと気になって映画にくぎ付けになってしまいました。

街の破壊の仕方がとんでもないですし、圧倒的すぎるパワーにお手上げ。

口や背中、尻尾から光線を出し、高速で進化を遂げて環境に対応していきます。

こりゃ気になってしゃーないわっ!

日本の中枢のトロさにユーモア

ゴジラが日本に現れたことで、総理大臣、各閣僚たちによる対策会議が行われます。

が、こんな緊急事態にも関わらず、何を決めるにしても面倒な手続きを踏む必要があり、滑稽。

日本の中枢のトロさに笑ってしまいました、あまりにバカバカらしくて。

1つ会議をしている間にもゴジラはどんどん街を破壊し、住民は命を落としています。

やべーっす!

ゴジラ映画には日本と世界と核(原子力)のメッセージが込められていた

かつて戦争で使われていた核爆弾。それが投棄されていた場所で発生したゴジラ。そのゴジラが日本の街を破壊。見た目はまるで核でも落とされたかのようでした。

圧倒的な力で、いくら人間が抗っても止めることが出来ません。

これを見た世界各国が、ついに核爆弾を使用してゴジラを止めようとします。

しかし、日本だけは核を使わない方法で作戦を考え、見事ゴジラを凍らせて止めることに成功。

非常にメッセージ性の高い映画になっていました。

ただゴジラが暴れる映画なのではなく、色々と考えさせられましたから、そこんところに面白さを感じました。

Sponsored Link

フォローする