映画「ジェイソン・ボーン」を観た感想。前作とか見てないからウィキで予習して行ったよ

%e3%83%af%e3%83%8b%e9%8a%80%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%81%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88

ついこの前、映画「ジェイソン・ボーン」を観に行きました。

これはシリーズなようですが、前作はどれも見たことがなかったので、あらかじめウィキペディアで話を予習して行きました。

絶対、前作を見てから観に行ったほうが楽しめると思いました。

「ジェイソン・ボーン」とは?

%e3%83%af%e3%83%8b%e9%8a%80%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%b3

過去の記憶がない元CIAの工作員ジェイソン・ボーンが、CIAの内密な作戦の暴露を恐れたCIAのお偉いさんに狙われながらも、自分の記憶を取り戻すためにCIAと戦う話です。

一匹狼のジェイソン・ボーン、冷徹なCIA、まともなCIAが登場するストーリーだと考えればいいでしょう。

前半は一瞬寝ちゃったよ!

これまでのシリーズを見てこなかった僕は、前半に一瞬寝てしまいました。

だって前半部分はアクションがほとんどなく、退屈だったんだもん。

会話が多い。

後半のベガスカーアクションはイカス!

後半はアクションが多くて目が覚めました。

ラスベガスでのカーアクションはメッチャクチャで絶句しました。

車が車の下をくぐるかのようにメーリメリメリメリメリーッッッ!!!と練り進んでいきます。

また、後半になってようやくボーンのストーリーがなんとなく分かってきました。

最後に

記憶がないだけでも不憫なのに、CIAからも命を狙われるなんてさ、ジェイソン・ボーンマジ可哀そうだよね…

Sponsored Link

フォローする