アフィリエイトとは何か?仕組みを図解で分かりやすく解説してみた。

アフィリエイトとは何か?仕組みを図解で分かりやすく解説してみた。

「アフィリエイトって何?興味はあるんだけど…」

「アフィリエイトってどんな仕組みでお金が手に入るの?」

と疑問に思っている人は意外にいると思います。

そこで、ここでは“アフィリエイトの仕組み”を図解で説明していきたいと思います。

アフィリエイターは企業から手数料を頂きます

アフィフィエイトと手数料の仕組み図解

アフィリエイトとは、企業の商品を自分のサイト上で紹介してあげる代わりに、売れたら売上の数%を手数料として頂く商売です。

言わば、“企業に属さないネット上の営業職”といったところでしょうか。

世の中の商品を売る企業というのは、その商品の知名度を上げるために色々なところで広告料を払っています。

例えば、

  • テレビのCM
  • 電車内の広告
  • 新聞の広告枠

などです。

さらに現在はネットがとても普及しているため、企業はネットを使った商品アピールにも力を入れています。

インターネットの中では個人でも情報を発信することが出来るため、企業の商品でさえも営業をするかのように広めることが出来ます。

「アフィリエイト」とはネット社会が生んだ商売なのです。

さらにアフィリエイトの特徴としては、他の広告と違って“商品が売れたら手数料が払われる”というスタイルです。

このスタイルは企業にとってとても効率的です。

なぜなら商品が売れなければ手数料を払わなくていいのですから。

通常企業がCMや新聞へ掲載をするとなると、商品が売れても売れなくても決まった広告料が必要ですよね。

ただし、テレビCMにはかなり商品の知名度を上げる力もあるため、一長一短です。

アフィリエイトをする人の作業の流れ

サイトを作る

サイトやブログを用意した図

アフィリエイトをしようと思ったら、まずは無料ブログか有料ブログでサイトを作りましょう。

ASPと提携し、サイトに貼る広告を取得する

サイトとASPと企業の関係の図

サイトを用意したら、次はASPに登録しましょう。

ASPというのは、あらゆる企業の広告を集めている業者です。

大抵のアフィリエイターは複数のASPに登録しており、自分のサイトで紹介したい広告を探します。

そして見つけたら、その広告を自分のサイトに貼ります。

サイトで紹介しているモノが売れたら企業から手数料が入る

アフィリエイターが報酬をもらう図

自分のサイトに貼られている広告から、お客さんが商品やサービスを購入してくれたら、企業はASPに手数料を渡します。

さらにASPからアフィリエイターに手数料が払われます。

こうしてアフィリエイトをしている側は報酬が手に入るのです。

Sponsored Link

フォローする