映画「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」を観た感想。隠れたヒーロー達の勇姿が見れる!

この前、映画「ローグ・ワン スターウォーズ・ストーリー」を観に行きました。

僕はもともとスター・ウォーズシリーズが好きだったので、上映が開始するのをとても楽しみにしていました。

今回は、この映画を見た感想を書いていきます。

「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」とは?

「スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望」の直前のお話で、デス・スターの設計図をどのようにして手に入れたかを描いています。

影のヒーロー達で、この人たちがいなければ、反乱軍は終わっていたことでしょう。

切なく、感慨深くなるところも。

惑星も木っ端みじんの破壊兵器デス・スター

帝国軍は宇宙を支配すべく、絶対的な力を得ようとデス・スターを作りあげようとしますが、この計画に力を貸したのが、主人公ジンのお父さんでした。

でもお父さんも進んで力を貸したわけではなく、無理やり協力させられていたんですよね。

そしてお父さんも、デス・スターが完成したら宇宙平和の危機だと分かっていたので、あえて弱点を残し、反乱軍に弱点を教えるためのメッセージを送りました。

娘ジンのことを「スター・ダスト(光輝くもの)」と呼び、帝国軍に捕らわれの身になっても娘のことを忘れたことのないお父さん。

親子の愛に感動デス!

命をかけて戦う反乱軍たち

スター・ウォーズは壮大な宇宙の戦争です。

皆、命がけで戦います。

ローグ・ワンと呼ばれる人たちもそうです。

成功する確率が低くとも、デス・スターの設計図を盗むために敵のアジトへと潜入し、設計図を探し出そうとします。

最終的には設計図をレイア姫に渡しますが、敵のアジトから脱出することは出来ず、デス・スターの攻撃によってローグ・ワンは壊滅…。

とても切なかったです。

ラストは残虐なダース・ベイダーとレイア姫

デス・スターの設計図を盗まれたことを知った帝国軍。

ついにダース・ベイダーが動き出します。

設計図のデータを取り返すために、あっという間に反乱軍の船に乗り込み、フォースとライト・セーバーを使って反乱軍の兵士たちを死に追いやります。

強大なフォースを使って兵士を天井に叩きつける様は、さすがダークサイドでした。

あと、最後はCGで再現されたレイア姫も一瞬だけ出てきて、「あぁ、こうしてエピソード4につながるのだな」と感じました。なんだか感動しました。

まとめ

やはりスター・ウォーズは面白いです。

そして、エピソード8も楽しみです!