映画「ファインディング・ドリー」を観た感想。エンディングロールも最後まで見たほうがいいよ!

映画「ファインディング・ドリー」を観た感想。エンディングロールも最後まで見たほうがいいよ!

今日、映画「ファインディング・ドリー」を観に行きました。

1人で行きました。

非常に面白かったです。

僕はもともと、ピクサー映画の中でも「ファインディング・ニモ」が好きだったので、今回続編を見ることが出来て最高でした。

ファインディング・ドリーとは?

映画「ファインディング・ドリー」を観た感想。エンディングロールも最後まで見たほうがいいよ!ポスター

何でもすぐに忘れちゃうドリーが、突如自分の両親のことを思い出し、長い旅を経て会いに行くお話です。

家族愛のすばらしさを感じることが出来ます。

ドリーの諦めない気持ちがいいね!

ドリーは忘れっぽい魚で、ついさっき話していたことも一瞬で忘れてしまうほど。

しかし、そんなドリーでも家族の記憶は頭の隅に残っていて、完全に忘れることが出来なかったようです。

「家族に会いたい!」

そんな純粋な気持ちがドリーを大冒険へと突き動かしました。

この時点で切なく、泣けそう。

忘れたくないのに忘れてしまう、自分と戦うドリーを応援したくなる

ドリーって、自分が忘れっぽいことは理解しているんですよね。

だからこそ、すぐに忘れてしまう自分に悔しがる場面もあります。

誰かに忘れっぽいことを指摘されると、落ち込んでしまうことも。

でも、ドリーは今自分が出来ることを精一杯やろうとします。

たとえ忘れっぽくたって、計画性がなくたって、偶然の出会いが素晴らしいことを知っています。

そんなドリーを応援したくなりますし、見習おうと思う部分もありました。

映画館には家族連ればっかりだった

僕が1人で「ファインディング・ドリー」を観に行った時は、周りは小さいお子さんを持つ家族でいっぱいでした。

もっと幅広い年齢層に人気があると思っていたのに、意外でした。

笑えるシーンもたくさんあるから楽しいよ!

ちょびっと感動する場面、ユーモアのある場面がたくさんあるので、ほとんど退屈することなく見ることが出来ました。

やっぱメリハリって大事。

映画は約2時間でしたが、たっぷりと楽しめました。

大満足できました。

エンディングロールも最後まで見たほうがいいよ!

「ファインディング・ドリー」は、エンディングロールの後もちょっとしたストーリーがありますから、最後まで見たほうがいいですよ!

エンディングロールの途中で帰っている人もいましたが、こりゃもったいないですわい。

Sponsored Link

フォローする