僕ははじめてノマドになった2017冬@コメダ珈琲

当サイトのサブタイトルは「まずはノマドを目指そうか。」ですが、全く実行に移せていなかった僕。

ノマドなんてムリだと思っていました。

そもそも、カフェなど人の目があるところで、パソコンを開いて、必死こいてキーボードを音をたてて叩きまくるなんて、滑稽でみっともないと思っていました。

もし僕がそんな人を見たら、

「そんな頑張んなきゃいけないなら、家帰って集中してやれよwタコかてめぇは」

って思うかもしれません。

ですがこのたび、外注を使うことによって、僕の理想のノマドワーカーになれる可能性がアップしました。

僕なんかでも外注が使えるんじゃないか?

これまでずっと自分で記事を書いてきました。

やれば売上は上がる!

そう思って地道にやってきました。

外注を使うアフィリエイター、組織化するアフィリエイターを見ては、「そんな、人間関係が必要なことをするなんて面倒くさそうだな~ガチで。外注のマニュアル作り?クッソだるそうじゃんその作業。ハズレの外注さんに当たる、外注さんに逃げられる、納期が遅れている…。げー、全然気楽じゃねーじゃんかよ、だったら自分で全部作業やるし!へいっ!」と思っていました。

しかし先週、ふと作業をする手が止まりました。

席から立ちあがり、外に広がる空を見上げ、「記事書くのだるーっ、記事書く作業飽きてきたのかなぁ?僕」自問自答。

解決策は…、外注か?

試しに外注をしてみたら

検索「アフィリエイト 外注」

検索「アフィリエイト 外注 楽」

検索「アフィリエイト 外注 費用」

検索「アフィリエイト 外注 サグーワークス」

検索「外注 ランサーズ クラウドワークス」

結果、ランサーズ・クラウドワークス・シュフティに登録しました。

続いて、ランサーズでタスクを使い、外注を開始。

外注しようとして、一度辞めようかとも思いました。

なぜなら、どんな内容で発注すればいいのか全然分からなかったからです。

「もし間違った発注をしてしまって、全然いい文章が集まらなかったら、金がムダになるだけだなぁ…」

やっぱり外注なんてせずに、全部自分でアフィ作業しようかとも思いました。

しかし、一度経験しておくことも大事だと思って、2時間ほどかけて依頼内容を作成し、勇気を振り絞って発注開始。

すると…

夜中1時に10件を発注したら、夜が明ける前に10件集まりました。

会員が多いだけはあります。

この時の快感。

「やっべ!たった100円でも文章書いてくれる人いるのかよ!予想以上のコスパ!そして、寝てる間に文章が集まるとかw!楽すぎて笑えてくるじゃんよぉw」

しかも、僕が定めた文字数をはるかに超えて文章を書いてくれる神ランサーの方もいらっしゃったので、本当にありがたい限りでした。

コメダ珈琲にて、外注計画を練る

外注があまりに便利過ぎたため、どうやったらもっと効率的に、安く、良い文章を集められるかを考えることにしました@コメダ珈琲

わざわざカフェに行って仕事関係の作業をするなんて初めてでウキウキしました。

「これぞノマドだな~」ってね。

ノマドになって食うデザートは格別でした。

もし僕がサラリーマンで月給制だったら、いかにしてお金を使わず、貯金を増やしていくかしか考えませんでしたから、こんなデザート頼んでもいませんでしたね。

アフィ最高!いぇい!

3時間ほど居座りました。

とにかく思い付いたことをノートに書きまくっていました。

全部で3ページに渡り、外注を安く効率的に使う方法や、実際に既存サイトに外注を使うとしたらどうするか、知識のないジャンルのサイトを作るとしたらどうするか、などを具体的に考えていきました。

そして、外注を使う流れが見えてきました。

外注をうまく使うには

外注をうまく使うためには、自分がどんな内容の文章を欲しているのかを明確に伝えること。

外注さんの中にはクソ適当なカス野郎も混じっているので、文字数を設けて退散させること。

外注さんの記憶を呼び起こすような質問を順序よく繰り返し、なるべく具体的な文章を書かせること。

などだと思いました。