映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の感想。やっぱり最高に面白い!勝つまで戦う最強バトル映画!

ワニ銀映画感想オールユーニードイズキル

やっぱオモロイ!

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」!

漫画好きなら知っている人も多いのではないでしょうか?

原作は日本のマンガ、映画の主演はトム・クルーズ。

以前映画館で観たことはあったのですが、面白いストーリーなのでレンタルしてもう1度鑑賞してしまいました。

敵のタイムループ能力を偶然取得!勝つまで戦う!

この映画のみどころは、ザコでチキン野郎だった主人公が、どんどん最強の戦士に成長していくところです。

始めて出撃した戦場にて、偶然「α(アルファ)」と呼ばれる特別な敵と相討ちをした時に、血を浴びました。

その血にはタイムループする能力があり、主人公は何度死んでも戦闘前の一時に戻ってしまうようになるのです。

死にたくても死ねない、絶対に生きることから逃げることが出来ない現状。

やがて戦い続けることを覚悟した主人公「ケイジ」は、闘いの中で強さを手に入れます。

敵がどこから出てきてどんな動きをするのか、どのタイミングでどこに移動すればうまく行くのか、戦闘と死を繰り返すことでどんどん未来を切り開いていきます。

リセットが利く戦いって、まるでゲーム

ゲームってセーブしておけば、その後でいくら失敗してもまたやり直せますよね。

ポケモンのゲームでも、フリーザーとか伝説のポケモンをゲットする時には、話しかける前にまずセーブしますし。

そんな感覚かもしれません。

この映画は主人公が負傷したら、相方のリタがケイジを銃で打ちます。また最初からやり直し。

僕が主人公だったら絶対「また最初からやり直しかよ!もうやりたくねーよ!」って思うと思います。

ケイジすげーっす。

ファンになるほど面白い映画です

僕はもともとSF映画が好きですが、その中でも上位に入るほど面白いSFアクション映画です。

レンタルして良かったです。

またいつかレンタルしたいと思います。

Sponsored Link

フォローする