映画「ザ・ウォーク」を観た感想。実話だと考えるとすごいよね。命知らずだよね。

%e3%83%af%e3%83%8b%e9%8a%80%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%82%b6%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%af%e3%81%ae%e6%84%9f%e6%83%b3

この前、ゲオで映画「ザ・ウォーク」を借りてきて、観ました。

いつもなら全く興味のないジャンルなんですけど、最近生活にあまりに刺激がなさ過ぎて、伝説級の生き方をしている人の映画を観たくなったのです。

では、軽~く感想書いていきます。

「ザ・ウォーク」とは?

%e3%83%af%e3%83%8b%e9%8a%80%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%82%b6%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%af%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

綱渡りが大好きな青年が、地上411mのワールド・トレード・センターの2つのビルの間を命綱なしで渡る、実話です。

普通に考えたら、主人公はアホです。

落ちたら絶対に命はありませんから。

異常にスリルが好きなのか?自分中心に行動する主人公

小さい頃に見たサーカスに魅了され、綱渡りにハマってしまった主人公。

成長してからは、法律は完全無視で、「自分が綱渡りをしたい!」と思ったところで勝手にロープを張って綱渡りをしてしまいます。

映画ではパリのノートルダム大聖堂でも綱渡りしてました、勝手に、許可もなく。

自由奔放で、自分に正直。

ただ傍から見たら法律に背く犯罪者。

困った人なんです。

仲間を集め、ワールド・トレード・センターで綱渡りを実行する

映画自体はそんなに面白くはありません。

でもまぁ、そりゃそうでしょうね。

だって、映画のために作られたストーリーではなく、実話を映画の中で再現しているだけですから。

ただ、実話と分かって観ていると、「ホントにこんなことをしたのかよ…」「考えられん…」「綱なしで地上411m渡ってるー!!!こわー!!!」と軽くハラハラします。

チャレンジがあまりに無謀すぎるので、映画が実話だということが信じられないのです。

最終的に警察官に捕まる

ビルの上で綱渡りを無断でするなんて犯罪ですから、綱渡りをし終った後はすぐに警察に捕まります。

しかし、誰もなしえない偉業を達成したため、英雄として称えられました。

すごい!

まとめ

「ザ・ウォーク」よりもリアルなドキュメンタリー映画「マン・オブ・ワイヤー」もあるみたいですから、よりリアリティを求めたい人はそれを見るといいかもね。

最近自分の生活に刺激が足りない人は見てみましょう。

Sponsored Link

フォローする