映画「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」を観た感想。ハリポタ新章開幕!クオリティ高し!

この前、映画「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」を観に行きました。

僕はハリーポッターシリーズの本をすべて読んでいて、ハリポタがとっても好きです。

ですから、ファンタビはずっと前から楽しみにしていました。

そしてようやく観ることが出来ました。

クッソ面白かったです。

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」とは?

%e3%83%af%e3%83%8b%e9%8a%80%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%81%a8%e9%ad%94%e6%b3%95%e4%bd%bf%e3%81%84%e3%81%ae

のちにホグワーツで使われる教科書「幻の動物とその生息地」の著者となるスキャマンダーさんが主人公の物語。

描かれている時代は、1926年のアメリカの魔法界です。

そして、かつての闇の魔法使い、グリンデルバルドの時代でもあります。

また、脚本はJKローリングが作っていますので、ハリーポッターシリーズと通ずるものがあって、非常に楽しめました。

すでに5部作まで作られることが決定しているようなので、今後も楽しみです。

公式サイト⇒ファンタスティックビーストと魔法使いの旅

世界中のファンタスティックビースト(魔法動物)の研究をするスキャマンダーさん

スキャマンダーさんは今回、イギリスからわざわざアメリカのNYにやってきました。

そこで様々な騒動に巻き込まれていくのですが、今後の作品も世界各国の魔法界事情を描きながら進んでいくのでしょうか?

それとも、やはりアメリカの魔法界に特化したストーリー?

この部分は気になるところです。

あと、せっかくナイスな登場人物が出てきたのに、今後はもう出てこないのでしょうか?

早く次回作が見たいです。

闇の魔法使いもしっかりいる

グリンデルバルドがいる時代だと知って、軽く興奮しました。

「ハリポタの本読んでる時に書いてあった闇の魔法使いじゃん!」って。

やっぱ映画には悪役がつきものですね。

最終的にグリンデルバルドとダンブルドアの戦いがありそうですよね!

でも、そもそもグリンデルバルドってアメリカ人だったん?いや、違うか、昔ダンブルドアと親友だったし。

それと、グリンデルバルドを演じている人って、ジョニー・デップだったんかーい!

死の秘宝のペンダントがちらっと見えたけど、なぜ…?

僕は見逃しませんでした。

映画の途中、死の秘宝のペンダントを付けている人いましたよね?

しかも、なんか意味ありげなカメラワーク(ズーム)だったし!

このペンダントっていくつもあるものなのでしょうか?

ハリポタシリーズでは変わり者のルーナのお父さんが付けていましたけど。

主人公が思いを寄せるリタ・レストレンジとは

スキャマンダーさんが机の上に飾っていた写真は、リタ・レストレンジという人物でした。

ちょっと調べてみると、レストレンジというのは、ベラトリックス・レストレンジ(旧姓ブラック)の夫の先祖のよう。

まぁ、のちにブラック家と血縁関係になるくらいですから、悪い魔法使いの血筋っぽいですが、これがどう関係してくるのか?

制御不能の闇の力「オブスキュラス」

名前が覚えにくい「オブスキュラス」

ハリポタシリーズでは出てきませんでした。

オブスキュラスは突然暴走し、街を破壊するほどの力を持ったものでした。

そして、グリンデルバルドはオブスキュラスを欲しがっていましたね。

これがまた物語にどう絡んでくるのか楽しみ。

次回作は2018年公開予定らしいですっ!